ふがふが日記

コーギーのアイン&珀の日記。
<< April 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ハードマウスとソフトマウス

 引っ張りごっこ。
珀っくんは、幼いころおもちゃで遊ぶのがとっても×2、苦手でした
最初の頃こそ、先生がお手本に遊びを試みてくださいましたが、
先生でも見向きもせず、「まぁ・・・お父さん、がんばって! 」というレベル


むに〜。ぼっくん、ぜったいに まけないよ!

それが今では、がっちり噛んで、ぼっくんが釣れるほど大好きです。
アインちゃんや珀っくんや、訓練所のシェパたちの引っ張りごっこしか
経験なかったし、私にはそのイメージしか頭になかったのです


あたち、もってくるわ〜

ところが、燐ちゃんはというと、ほとんど引っ張りません。
というか、ホースタグをとっても柔らかく咥えるのです。すぐ落とすし・・・。
引っ張りごっこもしてみたけど、歯にテンションがかかるとすぐに放します。

燐も、今はあんまり好きじゃないんだなぁ〜  程度に思っていて、
練習すればいつか珀みたいになるだろうと、あまり深く考えていませんでした。

ところが、それにはきちんとした理由があったのです。
鳥獣回収犬は、撃ち落とされた鳥を回収するときに獲物を傷つけてはいけない。
ウォーターレトリーブでは、咥えている鳥をハンドラーに渡した後に
ブルブルすることまでも、望まれるのだそうです。
(咥えたままブルブルすると、歯に力が加わって鳥を傷つけるから)

たぶん燐ちゃんのなかにも、回収犬のDNAがあるのだと思います。
そういう背景を知れば、もう引っ張りごっこにこだわる理由はありませんね
燐ちゃん、すっごく良い犬じゃん 


公園からの帰り道。運転していたら視界に飛び込んできたもの
急いでバックして、カシャとな。

雉さんですね。

道端で一生懸命にお食事中でしたが、私が車でバックしたので、
警戒して逃げる準備  とこちらへの視線  を外さない雉さん。
お食事の邪魔してごめんね

こういう鳥たちを歯で傷つけずに運ぶ犬たち。素晴らしいです!
えぇ、もも・・もちろん燐ちゃんには、遭わせられませんとも!! おほほ
トレーニングな日々 ★  comments(2) ★ - ★ 

登って〜♪

 
できたでしゅ〜。
おっ、自信のある顔だね。

必須課目のはしご。
これから、ステップの幅を細くしていきます。
細いはしご、探さなくっちゃ(笑)

ちなみに足の長い犬になると、自分ではしごをおりれます。
ぼっくんの足は、登り専門だよ。
燐な日々 ★  comments(0) ★ - ★ 

マイブーム

 
ドッグカフェの燐です。
他の犬はいませんが  、お友達の犬と落ちついて過ごせます。

犬にだって、マイブームがあるようです。
燐の今のマイブームは、「テイク=持ってくる」

ハンガー、犬用の食器、キッチンばさみ(いい匂いがするのだ!)
スプーンにフォーク(テーブルの上を荒らし)、箱テッシュ、
ソックスにマット、なんでも狩ります。

しかし中途半端に学習中なので、5割は持って逃げます(爆)
あぁ・・・なんて悪いヤツだ

要するに、飼い主がおまぬけなだけなのです。


私のマイブームは、SAで見つけたメープルラスク
通ったら、必ず買ってしまいます。
コーヒーとラスクで、頑張って運転します
燐な日々 ★  comments(0) ★ - ★ 

アドベンチャーツアー

 夕方は、大自然満喫ツアーです。


植え込みの根元の白いのは、猫です。
猫は、木の下の鳥を狩ろうと狙っています。
燐は、猫を狙っています (爆)

燐が興奮しないように、なんとか無視できる距離ですね
・・・遠い 遠いけど、ロックオン中


さぁ、ここからアドベンチャーツアーですよ。
鳥を捜索されたり、誰かのうんこ食べてはいけないので
一応、ロングリードです
それ以外は、なんでも自分で体験してくれたまえ。


おっ、何かをみつけました。
やっぱり、へっぴり腰(笑)

私ものぞいて見たところ、赤ちゃんヘビでした。
赤ちゃんヘビは、最初、逃げようと枯葉の間に身を隠したのですけど
燐に見つかって、シッポを振って、シャラシャラ威嚇します。
赤ちゃんでも、まるでガラガラヘビです。
それでも燐がひるまないとわかると、首を持ち上げて臨戦態勢です。


細長いヘビだったので、最初ヤマカガシかと思って
安心して見てたのだけど、いっちょ前に燐に攻撃します。

あれ?あれ?  よく見ると、顔が三角だぞ〜
・・・ん?マムシ?
大人になったら、マムシ柄になるのかしら 
誰か、ご存じですか?

なにせ↑へっぴり状態な燐ですので
燐の何かがヤバイセンサー(第6感)が働いたようです。
それ以上、ヘビを構うことはありませんでした。


マムシ(だったとして)も地球の一員なので、そーっと離れました。
そういうワイルドな経験も、必要だと思います。必要なのか?

その後は、つかず離れず、何も追いかけずで
私とのんびり散歩です。


たのちかったねー。
また、アドベンチャーツアーやろうね。
私は、ちょっと怖かったよぉぉぉ>マムシ。
トレーニングな日々 ★  comments(4) ★ - ★ 

お天気がよいとご機嫌さん

 
ぼっくんです。可愛いでしょ〜。

振り向きざまのシャッターが、ナイスタイミングだったと
喜んでいるママちゃんです。

足の方もすっかりと良くなって、
たまには引っ張りごっこで遊んでもらいます。


たまには、、、

なので、ぼっくん大ハッスル(死語?)です。
ホースタグの真ん中がキューキュー鳴るので、
珀っくんも燐も、真ん中が大好きになりました(笑)
ちっとも壊れそうにないし、なかなか良い買い物でした。

最近の燐は、「よこせ!」と恐喝します。
恐喝してもどうにもならないよ。残念だね〜。
珀っくんな日々 ★  comments(0) ★ - ★ 

しなくてはいけない、という呪縛

 夕方は、飼い主ががんばりまして  、河川敷某公園です。
少年野球の練習と、中学校のクラブ活動中で、とってもにぎやかです。


左前は、中学生のソフトボールクラブかな。
燐の頭の上に小さく見えるのが、散歩中の犬です。
人間5人と犬が4頭います。井戸端会議中です。

そのグループの犬たちは、とっても落ち着いているのですが
燐にとっては知らない犬が4頭なので、この距離が安全策です。
私は、燐が安全を確認できる時間と距離を提供します

そのあと、そのグループが分かれて、3人+2頭がこちらに来ました。
燐ちゃんは、吠えずに相手の犬を受け入れることができました
ちゃんと犬の挨拶ができたよ
こんな学習ができれば、私のモチベーションもUPです(笑)


ぼっくんの後ろはね、鳥がいっぱいなんだ。
キジも鳴いてるよ。

ぼっくんの番のときには、オフリードのチワワん2頭と
フレキシリードを引っ張りまくりのシーズーが来ました。
この3頭が近づいた瞬間、ガウガウガウ〜

やっぱりね・・・


犬を飼うと、朝晩の散歩に行かなくちゃいけない。
さらに我が家の場合、社会化をしなくちゃいけない。
社会化=知らない場所で+散歩=歩かなきゃいけない。

リーダーウォークで、燐を引っ張って歩きつづけた結果、
燐が自分自身で「怖くないじゃん」を学習できずに
怖いものをたくさん残して、2歳になろうとしています

なるべく朝晩つれて歩きました。
休みの日には、車に乗せては色んな場所にも行きました。
飼い主が相当に頑張った割には、この結果です

で、これはちょっと違うな?と、最近思っています。
もちろん、いろんな場所に連れて行く方が良いのですけど
どういう散歩にするかで、悪い経験もたくさんさせてしまったのです。
のんびりな日々 ★  comments(4) ★ - ★ 

アタリマエ体操

 ふと思ったのだけど。

燐ちゃんの犬生において、リードをつけられるか
オフリードか、この2つでした。アタリマエだけど 

敏感な犬  、燐にとって
リードを短く持たれて逃げられない状況は
燐自身も精神的に追い詰められていて。。。  



オフリードの自由は、あまりにも自由すぎて暴走   
さらに鳥なんかも追いかけ放題で、
気分は最っ高〜

暴走犬を作るには、アタリマエですね


今日は、リードの管理、オフリードの自由の
どちらでもなく、ゆったりのんびり散歩をしてみました。

飼い主のそばをのんびり歩く、そんなアタリマエのことも
できない燐ちゃん
教えていないのだから、できなくてアタリマエ。

そんな燐が暴走すると、珀は固まって(落ちつけ)と燐に言います。
そもそも、こういうことが社会化なのかもしれないなぁ。


落ちつく。
簡単なようで難しい。難しいようで、案外、簡単なのかも。

若葉色が美しい季節になってきました。
珀っくんも燐も、暑いそうですよ。
のんびりな日々 ★  comments(0) ★ - ★ 

雪です!

 朝から、しとしと&ザーザーの雨  です。
ロングリードで遊ぶと、リードが水を吸って重くなるし
濡れたリードで手がかじかむので、今日は街トレにしました


この敏感な田舎娘は、通りに路地なんかがあると
路地の向こうの安全を確認しないと気がすまないので
そんな場面では、早く!早く!見たくて引っ張ります

それでも、ずいぶん落ちついて歩けるようになったよね〜。
できればバランスよく色んな練習ができるように、飼い主が頑張ります
燐は、その環境を自信が持てるように、受け入れるだけです。あはは〜。


帰宅したら、雨が雪に変わっていました。
寒いです

ぼっくんとは、河川敷の遊歩道を「燐が歩けるか」確認して歩いたけど
ブッシュから鳥はでるわ、鳥はでるわ、キジは鳴いているわ・・・で、
たぶん、今の燐はあっという間に本能に負けてしまうでしょうね。。。
さぁ落ち込んでばかりいられない。がんばるよ、燐。
のんびりな日々 ★  comments(0) ★ - ★ 

一喜一憂・・・はぁ〜。

 ダム公園で、燐ちゃんの自由時間でのこと。
突然、燐が鼻を上げて駆け出し、あっという間に繁みの向こうに消えました。
すぐに「鳥だっ!」って思いましたね

川の上をカモが1羽、低空飛行で飛んでいくのが見えましたが
燐は繁みの向こうに行ってしまって見えません。
。。。まったく。もう〜


「り〜ん。」って普通の声で名前を呼んでみました。
鳥を目の前にして走っていた(と思う)燐が、声をかけたあとすぐに
繁みのなかから、ひょこっと立ち上がって私を見ました
あ、ミーアキャットみたい。可愛い〜 (親ばか)。

「こーい」
呼ぶと、ダッシュで戻ってきましたよ  よしっ!!


あたちだって、やればできるのよ〜


と思った半日後。。。

車から降ろした一瞬のスキをつかれて
猫を追いかけて猛ダッシュ・・・ 

し、失敗したー。。。

幸いにも、猫が木に登ったので助かりましたが
木の下で燐は興奮しまくっていて、声がまったく届きません
それでも車道に飛び出たら  と、燐を捕獲するのに必死になる私


あたち、暴走だってとくいなのよ〜

燐に全く声が届かない。地獄だ・・・
あぁ〜、こんなこといつまで続くんだろう。。。
気分は超・低空飛行。


そんな燐との生活の中の癒し。ぼっくん。

ぼっくんは、良い子です。えっへん。

あぁ〜癒される
燐な日々 ★  comments(2) ★ - ★ 

静かな時間

 珀っくんが(遊ぼうよぉ〜  )と、ピィーピィー甘えてアピール。
鼻でグイグイ、燐ちゃんを起そうと頑張ってみたけど
燐に、今はヤダ と言われました。


仕方がないので、燐に寄り添って寝ることにしたそうですよ(笑)
まったく、どちらが子どもなんだか。。。
最高に可愛くて、最高に幸せな気分になります

あまりにも平和なので、家事をするのがもったいないね
もう少し、この幸せな時間につかっていたい母の気持ち(爆)
のんびりな日々 ★  comments(2) ★ - ★