ふがふが日記

コーギーのアイン&珀の日記。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

県民の森(2days)其の2

翌日。窓の外が明るくて、目が覚めた。5時!!
まぁ夕べは8時に寝たし(笑)、寝すぎくらいです。


公園センター側はお客さんが多いので
昨日よりも早く、6時にクライムオン。


太陽が顔をみせると、今日も暑くなりそうです mie
燐ちゃんは、今日もご機嫌 わーい

りん!まてまて。
飼い主2人+ぼっくんは、ゆっくりです。
でも、そんなゆっくりにも付き合ってくれる燐子 手


森をぬけて。

ぼっくんは、幼いころから人間のそばを離れません。
燐は好奇心旺盛で探検しながらも、ぼっくんのマネをしています。
珀は良き先生で、燐は良いお兄やんに恵まれてます。


ぼっくんを呼ぶと、燐も戻って来る。マッテ〜 汗
捜索だって、兄やんには負けないずら〜。です!

ちょっと思うところがあって、共猟ならぬ
2頭同時捜索を行いました。
珀は、燐に大切なことを教えてくれました お願い ありがとう。


7時30分。ついたら〜。
すでに、ギラギラ太陽です mie
あっちー 涙


暑いときは、自分で木陰をみつけて休むべし。

飼い主が朝ごはんを食べるときは、
日陰をシェアします。
まだお元気な燐子は、日向でウロウロ。
するめになっちゃうよ〜。


私たちよりも早く登り、縦走している人もいましたが
私たちは、ゆっくり下山。


ほとんどの登山客は、これから出発みたいです。
燐子がいるので、これからは朝一番山がいいね・・・(笑)



おまけ。
心臓の弱い方は、お気をつけて。













・・・え?!
よく遊び、良く寝る!
長くてお口に収まらない、燐子のベロベロべ―でした(爆)
おわり。
登山な日々 ★  comments(0) ★ - ★ 

県民の森(2days)其の1


久しぶりぶり。山日記です。
朝起きると、素晴らしいお天気にひゃっほう〜 上
ふっふっふ ちゅん そして貸し切り わーい


びっくり !?バビューン キャー ダッシュ
朝から、燐子のスタートダッシュについていけず 汗

きっと他の登山客が多いだろうからと、
6時50分、クライムオンです。


燐子の良い所は、姿が見えなくなると
自ら、私たちを確認しに戻ってくるところ 手
呼び戻しのおやつも、ほとんど要らなくなってしまった。
(嬉しいことだけど、おやつもあげた〜い ちゅん )


山の緑はまだ若くて、とってもきれいです。
カメラと格闘するアイン父と
ブヨってぃと格闘するワタシ。
でっかいブヨに、なぜか?顔ばっかり刺されまくり 涙
ワタシ。。。顔が変形するよぅ なみだ


はい!一応、記念写真ね。


あそこに行くですか?
そうだよ。
やっぱり今日は空が良いね。暑いけど mie


森を抜けると涼しい風が吹きはじめて
ブヨってぃも、吹き飛ばされて行きました むっつり


2つ目の山頂です。
雲海に突き出た山は、大山かと思ったけど
大山はもっと遠いよね。


今!二人の一番の望みは、お水です。
呼び戻しのご褒美は、お水でもいいくらいですね プッ プッ
飼い主価値が上昇中〜。


休憩するということを、犬たちに教えます。
このような体験を繰り返せば、
そのうち燐子も休憩を覚えるでしょう。

ぼっくんは、おなかすいたです!の、荷物番です アンパンマン 
美味しいものが入っているリュックが、大好きです ハート


まだ8時すぎですが、
登山客とのバッティングを避けるために下ります。

誰もいない森からは、小鳥のさえずりと
ボボボボボーと、何かが飛び去りました。
なんだろ?デカかったなぁ びっくり

ココにはヤマドリもいるらしいのですが
見た!という話を聞いたことがありません。
が、鼻息荒く興奮している燐子をみると
ヤマドリだったら素敵だな ハート と思うのです。


大きなブナ ♪

のんびりと山を堪能したいのに、
豊かな自然が育んだブヨってぃが
私たちを山から追い出すのでした。。。
9時30分、下山 プッ

つづく。
登山な日々 ★  comments(4) ★ - ★ 

今日もトレッキング


「休み、どこ行く?」
結局、地元でスノートレッキングです。

今日は、珀っくんが絶好調で
スキップしながら登っています(笑)
反対に、私は絶不調。。。
息を整えながら、ゆっくり登ります。


燐(見てきたよ〜。もう少しで、森がきれるよ。)

ときどき燐と珀が、大丈夫?
と、迎えにきてくれます。ありがとさん。

年末のトレッキングは、新雪のラッセルが大変で
頂上の手前で断念し、とってもとっても残念だったのですが
今日は頂上まで、トレースがありました足


楽ちんだね〜。

・・・だけど、しんどい 汗
・・・だけど、気持ちいいー キラキラ

山の上での絶景は、滅多にありませんね。
本日も、ガス時々雪でした。


頂上でのカップ麺+犬たちは温スープです。
燐ちゃん、お利口さんに待ってます ハート
パパちゃん、寒いから早くちょーだいね お願い


今日もたくさんの雪卵をくっつけましたが、
(スヌード買うの忘れてた・・・ ごめん )
でもね、あまり寒くなかったようで
クラウドチェイサー1枚でよかったよ〜。
そのかわり?またまた痩せてきました 泣く
登山な日々 ★  comments(2) ★ - ★ 

スノートレッキング

今シーズン初、スノートレッキングです。

いやぁ〜、深かった、深かった〜。
+パウダースノウの新雪なので、体力勝負です。
わたくし股関節が痛くて、役立たず。すみません。

私の携帯のサーモセンサーは気温9.2度でしたが、
「ポケットに入れていたからだろう?」と、ツッコミが(笑)
燐ちゃんがブルブル震えだしたので、コート2枚重ねです。


木々への雪のつきかたが、とてもきれいですね。

4時間もラッセルしましたが、頂上目前に・・・時間切れ。
休む場所をみんなで踏み固め、それぞれ休憩します。
こんな狭いエリアに、犬が4頭。
これって、ホントにすごいことなんですよ。

トレッキング中、犬たちはすこ〜しだけ ちゅん ラッセルしてくれました。
犬たちも、基本、しんどいことはしない(爆)
スペースがあれば、軽い追いかけっこ わーい もしていたけど
「お父さん、お母さんは?来てる?」と、確認しに戻ります。
自然の中で、犬たちは自分の飼い主を中心に動くんです。
そしてこの1日の体験が、犬たちを成長させます。

懲りずに遊びに来てください(笑)
次こそは、頂上を目指しましょう!
登山な日々 ★  comments(2) ★ - ★ 

実は早朝

 
朝8時。山頂から下山しています。
太陽はギラギラに暑いけど、風はまだひんやりです。

下界は・・・殺人的な暑さです・・・。
登山な日々 ★  comments(0) ★ - ★ 

いざ、山頂へ

 
登っていくと、少しずつ森がひらけてきます。

そして、森林限界。


うっわぁ〜、真っ白〜

ゆっくりと、ガスが流れていきます。
ガスなのか?・・・雲の中にいるのか?
雲の中だと思えば、楽しい気分倍増です


とーちゃん、どっち行く?

犬同士からも、学習するそうで、
珀の行動を真似する燐ちゃん。
いつか、燐ちゃんも誰かのお手本となる日が来るのだろうか


すっかり、仲良し兄弟です
願わくば、体の大きい燐ちゃんが珀っくんを守ってくれるといいのだけど
いまだに小っちゃいお兄ちゃんに、ドケドケ〜  状態です。。。


ついたぁ〜。
ぼっくん、ムッチョになるんだ!
トレッキングすると、ムキムキになるぼっくん。


ねぇねぇ
燐ちゃんの跳ねるような足取りと、仕草がとっても可愛かったので

晴れていたら、大山や日本海も見えるのだけど、まっちろ〜。
それもまた、楽しかったね。

この山は、歩くと景色が変わっていくので
いつ来ても、楽しいです。
登山な日々 ★  comments(4) ★ - ★ 

今日も山トレ

 山ガール?いや、山レディ?の母のお薦め、雲月山に行ってきました。
なぜ雲月山がお薦めかというと、階段が続くような山は
珀っくんの足が厳しくなってきたから・・・


車から降りて、とりあえずひゃっほう〜
寝坊してしまったので、朝7時半です
 暑くなるので、水とお菓子持って登ります。


ウッドチップで固められて、珀っくんの足にも優しい山ネ。
この暑い時期に草も刈っていただいていて、きれいに整備されていました。

今日は山を歩く最中に、燐を呼ぶことはほとんどなくて、
燐の方が、私たちを確認しながら、つかず離れずでついて来ます
山トレの成果が出てきています。もう大丈夫


山頂〜。
もわ〜っと蒸し暑くて、期待したよりも全然涼しくない〜
そして風もなく、本日もブヨに襲われまくり〜

せっかくなので、下山は来た道を戻らずに1周することに決めました。

が、


草刈りの人、力尽きた!?
それでも、歩けるのでありがたいことです。
クマが出そうで、チョット怖かったけどね。

足場が苦手な燐ちゃんにとっては、
ウッドチップ → 芝生 → 笹薮 → 草刈後のトゲトゲ
と、次第に悪路になっていくのが、かえって良かったようです。
苦手な草刈後のトゲトゲも、自然に平気になっていました

だけど、基本ビビりタニーなので、
歩きにくくて、周りがよく見えないこんな場所では

りん「とーちゃん、先に歩いてよ。
らしいです(笑)↑


最後に、ジオラマ写真みたいな燐ちゃん

ちなみに珀っくんも、「行きはよいよい、帰りは恐い」で
草刈後のトゲトゲに難渋しながら、9時には下山しました。
それにしても、暑かったぁ〜
登山な日々 ★  comments(2) ★ - ★